サービス場所の違い

タンクトップの女性 前で組む

デリヘルもホテヘルも、元をただせはおなじヘルスの求人ジャンルです。
ですが、わざわざ名前が違うということは、そこにはもちろん違いがあります。
その違いとは、一言で述べるならばサービス提供場所が違うというところにあります。

デリヘルやホテヘルのプレイにおいては、他の風俗店のようにお店の中でプレイを行うわけではありません。
ホテヘルは通称ホテルヘルスと呼ばれて、プレイの提供場所がラブホテルとなります。
そのため、ラブホテルまで男性と一緒に向かってチェックインするようなプチデートができます。
この段階から男性との駆け引きは始まっているといえるでしょう。

それに対して、デリヘルはデリバリーヘルスの略で、派遣型の風俗店です。
サービスを提供するための場所は、男性の自宅や滞在先のホテルとなります。
そのため、車でスタッフに送ってもらって、居室のインターホンを押すところから勝負が始まります。
送迎スタッフは近所で待機してくれているため、もし何かが会っても駆けつけてくれるので、安心して働くことができます。

実際のところ、ホテヘルとデリヘルにはこれぐらいの差しかありません。
そして、デリバリーヘルスの場合は待ち合わせ形式という遊び方があります。
店舗指定の待ち合わせ場所で男性に待機してもらって、そこで女性と合流して近隣ラブホテルへ遊びに行く形式です。
こうなってくると、ホテルヘルスとそう大きくは変わりません。
また、デリバリーヘルスで遊ぶときに男性がラブホテルをプレイ場所に指定することもあります。
これもまた、状況的にはホテルヘルスと同じです。

反対に、深夜になるとホテルヘルスの受付が営業できないため、電話で受付をして待ち合わせ型ヘルスとなる、デリバリーヘルスと同じ形での営業を行います。
そのため、デリヘルとホテヘルの垣根はかなりなくなってきているといえます。

あえて言うならば、デリヘルは深夜も開けていることが多いのと、基本的にはやはり男性の自宅や居室でのプレイになるということです。
そして、ホテヘルは深夜にならない限り、やはりデリヘルとは違う営業形態であるということです。
深夜になると違いが生まれなくなりますが、昼間から夜にかけてはその差はやはりあります。

働きやすい条件

椅子に座る女性 くつろ

デリヘルやホテヘルの求人には、女の子が働きやすい条件が満載です。
まず、お給料は完全に日払いであることが多いです。
その日のお仕事が終わった時に精算を行って、そのまま頂いて帰ることができます。

さらに、シフトのようなものは存在しないため、完全自由出勤制です。
本業の仕事が忙しくても、開いた時間にちょっとだけ働くということができます。
また、予定が空いた時にいきなり出勤ということもできるため、かなり働きやすい環境にあるといえます。

そして、体験入店の制度があることによって女性は気軽に求人に応募して働いてみることができます。
仕事を行うにあたっての不安は、実際に働いてみれば消えることが多いです。
頑張っていけるかどうか不安に思うならば、体験入店に挑戦してみると良いです。
一日とりあえず働いてみて、その日のお給料をもらってみて、それから本当に働くかどうかを考えることができます。
業界に挑戦する勇気と同時に、お店との相性を図る意味もあるので、必ず体験入店はするべきです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930